スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEFT 4 DEADレビュー

さて今回はLEFT 4 DEADレビューです。
他にレビューすべきソフトがあるはずなんですが気にしません
ジャンルはFPS、開発元はVALVE
ハーフライフやカウンターストライクなどを作ったメーカーさんです。
FPSと一言でいっても色々とあるのですが、このLEFT 4 DEAD(以下L4D)は所謂スポーツ系FPSに属するタイプだと個人的に思ってます。
まぁ厳密に言えばスポーツ系ではないのですが、遊んでいる感じはスポーツ系FPSかなぁと思うのですよ。
まぁこの辺のジャンル内での細分化っていうのは、デスメタルとスラッシュメタルぐらいの違いしか無いので、気にしないでOKのような気もしますがw

では肝心の中身のお話し。
辺り一面ゾンビに囲まれたマップを4人の生存者が協力して脱出を計るというのがゲームの内容なんですが。
これがまた良く出来ています。
この手のプレイヤー同士の協力プレイ必須のゲームにありがちな
一人でサクサク先へ進んでいく経験者の単独プレイによってゲーム自体がつまらなくなるといったような事態が起きないように設計されています。
スモーカーとハンターという2種類の特殊なゾンビに捕まると、一人では脱出不可になり、仲間に助けてもらうしかないので
自然と単独プレイが出来ないように出来ています。
さんざんっぱら、お前等下手くそ馬鹿じゃね?みたいな事を言いまくっていたプレイヤーが
ハンターに押さえつけられてヘルプを連呼する姿にはある種の快感さへ覚えます。
もちろん放置しますが。
このL4Dで素晴らしい部分まだまだあり
その中でも敵の配置の巧みさは群を抜いています。
L4Dでの敵、つまりゾンビの配置ですが、これは実は完全なランダム
ランダムというかAIによる自動生成であるため、あの場所のゾンビを掃討しておけば後々楽といったプレイが出来ないようになっています。
アイテムの配置もランダムなので、繰り返し遊んでいても飽きが来にくいというか
ノーマシィマップばかり遊んでいますが、未だに飽きてないです。
ゲームの内容もよく考えられており、キャンペーン最後の脱出までの道のりが単調にならないように
スイッチを押さなければ進めないが、スイッチを押せばゾンビが大量に出てくるといった仕掛けがあり
押す方も、仲間が押すのを銃を構えて待つ方もドキドキといった事が楽しめます。
全員の準備が出来ていないにもかかわらずスイッチ押してパーティー全滅といった事をやらかす奴がたまにいますがw
また仲間の状態や場所がいつでも分かるようになっていたりと、とかくこのゲームは仲間との連携を強く意識させるように出来ています。
プレイに緩急が上手く付けられており、プレイヤー同士がこれからの行動を相談するタイミング等がきっちりと作られているあたりも、上手いなぁと思わずにいられません。

音楽
この手のFPSだとひたすらに邪魔者扱いされがちなBGMですが
個人的には素晴らしいの一言です。
開発者によると、プレイヤーのストレス値(隠しパラメーター)や体力や状況によって一人一人違うBGMが流れているらしいのですが
死んだ後に他のプレイヤーの視点になると確かにBGMが違っていたりします。
そう言った技術面でのあれこれを抜きにしてもFPSのBGMとしては個人的には一番と言いたいぐらいです。
ゾンビラッシュの直前で流れる(事が多い――これも変わる)BGMは素敵の一言です。


総評 8.5/10
良く練り込まれたシナリオにそって
よく考えられた敵の配置に
秀逸な場所に配置された強力な障害
それらを突破するのは楽しい、確かに楽しいが
どんなに面白いゲームも何度もやれば飽きてくる。
「あそこから敵が出てくるから、お前はそこで待機していてくれ」
そんな興ざめな言葉にうんざりしている人間はこのL4Dをプレイすべきだ。
なぜならそんな言葉はL4Dでは存在しないのだから。

危険を承知で殿をつとめスモーカーに捕まった時、
下水道に一番最初に飛び降りる時、
逆にハシゴを登ってゾンビがワラワラいるだろう場所に最初に顔を出すとき
プレイヤーは仲間のありがたさに気がつくだろう。
故にこのゲームの楽しさを正しく文章で伝える事は非常に困難だ。
仲間を助ける面白さも、助けられる面白さも実際にプレイしない事には感じられない。
更に助ける状況も助けられる状況も毎回違うのだ。
だがもしこのゲームを一文で表せという困難な問題を吹っ掛けられたならこう答えれば良い。
初プレイから面白いスルメゲーだと。




ちなみに日本版はまだ未発売ですが、アジア版は説明書以外は完全に日本語化されています。
アジア版は日本のXbox360で遊べるので日本版発売まで待てない人はアジア版を選ぶのもアリだと思います。

ブーマーを仲間の目の前で撃ち殺す奴はハンターに襲われてしまえ!

theme : Xbox360
genre : ゲーム

comment

Secre

プロフィール

pakoff

Author:pakoff
ゲームが好き
本が好き
漫画が好き

ゲーマータグ
Xbox360話題ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

RSSリンクの表示
リンク
Halo Wars関連wiki
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。