スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評 『彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス』

読み終わった勢いで
面白かった!
一気に読んでしまいましたよ。
ジャック・キャンベル作 月岡小穂翻訳
『彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス』
いやぁ本当に面白い。
100年の眠りから目覚めたら
自分が伝説の英雄にされてるわ、目覚めた場所は敵のまっただ中だわ
味方は敵の罠にかかって瀕死の状態だわ、そんな瀕死の艦隊の艦隊司令官にならなくなるわと

開始10ページとは思えない主人公の窮地っぷり
読んでるこっちもテンション上がりますよw

 また憎いのが艦の名前ですよ
SFファンが思わずニヤリとしてしまう艦名が幾つか出てきます。
 個人的には〈フィアレス〉という名前が出てきた時は分かってはいましたがニヤリとしてしまいました。
分からない人の為に書くと、〈フィアレス〉というのは『紅の勇者オナー・ハリントン』という作品での主人公が、一番最初に艦長として就任する艦の名前なんですけどね。
 この作品、随所にこういった小憎たらしい演出があって、SFファンとしては小躍りせずにはいられないw

ではこういう小ネタが分からないと面白くないのかというと、さにあらず
 むしろこの作品は、こういった小ネタが分からないような人にこそ読んで欲しい
この小説はいわゆる戦争SFと呼ばれるジャンルの物で
このジャンルは軍隊という特殊な環境を描く上に、SFである為
 この手のジャンルに慣れていない人にとっては話の状況が分かりづらい事が多いのですが
この『彷徨える艦隊』はその分かりづらい部分を見事に分かるように書いているんですよ
 それも見事なアイデアによって
巻末に『でたまか』シリーズの作者、鷹見一幸氏の解説が載っているんですが
 そこでもこの素晴らしいアイデアがどういった物なのかは伏せられていたので、ここでは書きませんが
軍隊という上意下達の特殊な環境を
 それを経験した事の無い人間にどういった環境なのかを分かりやすく、かつ説明の為に物語を間延びさせたりせず、物語の流れを阻害せずに書いているので
 戦争SF物を一度読んで見たいけどよく分からないしな
とか思っていた人にこそお勧めしたい、単純に面白いから


ギアリーとリオーネとデシャーニの三角関係希望

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

comment

Secre

プロフィール

pakoff

Author:pakoff
ゲームが好き
本が好き
漫画が好き

ゲーマータグ
Xbox360話題ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

RSSリンクの表示
リンク
Halo Wars関連wiki
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。